​幼稚園に動物たちがやってきました!

​国連アワード(生物多様性アクション大賞18・19年)を2年連続受賞した花園教会水族館より3匹の水族館アンバサダーが当幼稚園にこの2020年11月やってきました。

アンバサダーとは?

私たち人間に「生き物の持つ独自の生態」「生息する環境」など様々な視点を与えてくれる・生き物への関心の入り口を提供してくれる「人に慣れ・訓練された動物」の事を指します。花園教会水族館公式HPより)

アンバサダー紹介

​アルダブラゾウガメ

  • Grey LinkedIn Icon

体重60㌔・年齢43歳の看板娘。

人懐っこく、なにより

自分で食事するより「あーん」して欲しいとおねだり。

でも、人の指は絶対に噛まないところがまた胸キュンしちゃう。

フトアゴヒゲトカゲ

  • Grey LinkedIn Icon

誰が来ても動じないその姿はたくましさも覚える。

けれども一度持ったらその感触に誰もが彼の虜に。

​彼の視線にご注意を!

アカミミガメ

  • Grey LinkedIn Icon

ミドリガメと聞いたらイメージが沸く方も多いのではないでしょうか。

問題を起こしている外来種の代表格です。

ただなぜそんなに増えてしまったのか?

この子は捨てられて殺処分されるところを保護された子。

人間の犠牲になっている生き物代表として可愛さと共にこの子の生きざまが外来種問題に一石を投じます。

​生態について学びました。

日本の固有種の【二ホンイシガメ】や

日本にビジネスで連れてこられミドリガメという名で売られていた【アカミミガメ】について生態について学びました。

飼っている動物をなぜ捨ててはいけないかを子ども達にユーモアたっぷりにわかりやすく説明くださいました。

​クラス毎で密を避けつつ内容は密でした!

密を避ける為にクラス毎に学びをセッティング。体験後は花園教会水族館から頂いた「どうぶつ図鑑シート」に動物の絵を各自描きました!

実際に触ったり餌やり体験できました!

ゾウガメやトカゲの生態の説明、トカゲの触り方・ゾウガメが嬉しくなる触り方などをレクチャーしてもらった後は、実際に子ども達もチャレンジ!

トカゲの着せ替えをしたり、子ども達よりも大きいゾウガメさんの背中に乗らせてもらったり、餌やり体験など普段出来ない経験をして子ども達も大興奮!

​パールちゃんの色紙ももらったよ

花園教会水族館公式キャラクター

で国連生物多様性キャラクター応援団

『パールちゃん』の色紙を頂きました。

ナザレン幼稚園

日本ナザレン教団 中野キリスト教会 附属幼稚園
〒164-0013 東京都中野区弥生町2-39-11 / Tel. 03-3381-5401 Fax. 03-3381-5404

COPYRIGHT © 2019 Nazarene Kindergarten, ALL RIGHTS RESERVED.